▼(44).L・ハミルトン=(2位)

 チャレンジングな週末だった。レースのスタートはまずまずだったが、セバスチャン(ベッテル)が僕が見えない場所にいたので、彼がどこにいるかわからずポジションを失った。彼について行くのは本当に厳しかったが、だいたい似たようなペースだったね。

 セーフティカー中は、自分自身の状況を判断ミスしてしまった。あれは僕の間違いだったので、チームには謝罪したい。第2と最終スティントでのペースは良く、セバスチャンを捕まえられると本当に思っていた。でも5秒ペナルティがあり、それを実現する厳しさが倍になってしまった。最終スティントをソフトで行く選択は正しかったと信じている。まだ先が長かったので最適な判断だったと思う。

 今年はこれまでクルーはすべて正しい判断をしてくれている。あのミスからリカバリーするためにベストを尽くしたが十分ではなかった。それでもいいポイントを取れたよ。
▼(77).V・ボッタス=(3位)

 いい1日ではなかった。スタートでタイヤ圧に問題を抱えていた。原因はわからないが、最初のスティントからその問題を感じることとなり、2周目から早くもスライドし始めた。

 ペースは良くはなく、セバスチャンが僕らにすごいプレッシャーをかけていた。最初のスティントを引き延ばそうとしたが、ペースを維持できなかった。第2スティントは良くなったが、まだオーバーステアに苦しめられ、その後の最終スティントではリアエンドを機能させられなかった。

 セーフティカー時の最初のピットストップでは問題が発生し、時間を無駄にしてしまった。それがなければ恐らく何とか前に出られたかもしれないが、チームがこのことを調べてくれることはわかっている。リスタート後はセバスチャンといいレースができたが、残念なことにそれが長くは続かなかった。今のところ望んでいるレース結果にはなっていないが、ソチでは力強い週末にしていきたい。