▼(3).D・リカルド=3位

 戦いはすごく好きだし、ルイス(ハミルトン)は残り数周でいきなり接近してきたんだ。差は安定していると感じていたが、その後わずか数周で急速に僕に追いついてきた。残り2周で彼を抑え込むことは僕にとってすごくエキサイティングなレースだった。ここのドライコンディションで速さがあることは僕らにとってうれしい驚きだった。レースの大半でセブ(ベッテル)が僕の前にいて、金曜日に見た彼のロングランは僕らよりもはるかに速かったので、今日は彼やメルセデス勢と同じようなレースペースで走れるなんてまったく期待していなかった。

 ルイスを凌ぎ、ファイトし、抑え切って彼の前でゴールするなんてクールだったね。また表彰台に上がれて最高に気分がいい。大いに楽しんだよ。シルバーストンは2017年のマシンにとっては最高のコースだろうから楽しみにしているし、来週末はたくさんのイギリス人ファンが来てくれることは違いない。
▼(33).M・フェルスタッペン=リタイア

 レースのスタートでクラッチに問題があった。フォーメーションラップ中にいい状態ではないと感じ、案の定スタートでダメになってしまい、僕が発進しようとした時にアンチストールが作動してしまった。多くのポジションを失った後に発進でき、ターン1ではトラブルを回避しようとしたが、リアタイヤに衝突されてしまった。あの衝突によりクラッチがオーバーエンゲージになってしまいクラッチのベアリングが壊れてしまったのでもうドライブ不能だった。クルーはみんなものすごくハードに仕事をしてくれたし、非難される人なんて誰もいない。ただ最近は運があまりにもなさすぎる。ポジティブにしていないといけないね。今は当然ながらいい気分ではないし、またもやすごく失望しているが、まだ多くのレースが残っているのでみんなの背中を前に押していくことが非常に大切だ。次のレースが良いものになることをただただ願っている。あと、すべてのオランダ人ファンに対して申し訳ない気持ちで一杯だ。ここまで長い距離をかけて観戦に訪れてくれたからね。彼らにいレースを見せたかったが、今日はひとつのコーナーさえも走り切れなかった。シルバーストンではもちろんもっと良くなるようにトライしていくよ。