▼(5).S・ベッテル=2位

 もし予選で前に出られていれば、今日はトップのポジションでいいペースで走行できたはずだよ! レース全体を通じて、これほど接近してついていけたことには驚いた。だから自分自身にちょっと腹が立っている。だってセーフティカー後にレースがリスタートした時、ターン1出口で恐らくルイス(ハミルトン)にあまりにも接近し過ぎてしまったんだ。

 オールージュではギャップを開けておこうとしたが、妥協点を見つけるのが難しかった。後方からもマシンが来ていたし、アタックに集中する代わりにポジションを守る必要があったんだ。同時にストレートではメルセデスほどの速さがないことも分かっていた。だから完全に満足はしていないが、結局のところチームにとっては素晴らしい週末になったと言えるね。

 どんなサーキットも恐れる必要はないし、パッケージに関してはベストのマシンだと信じている。まだ足りない部分はあるが、マラネロのスタッフはすごくモチベーションが高い。最大の改善を果たし大きな前進ができたと思う。これからページをめくってモンツァに進もう。あそこで何が起きるか見てみよう。
▼(7).K・ライコネン=4位

 全体的にはまずまずコンペティティブな週末だった。レースではマシンはソフトコンパウンド時は良かった。ウルトラソフトでは数ラップ後のリアの挙動に苦しめられた。最初の数ラップはOKだったが、その後はスライドしまくった。

 黄旗を見たときは、ストレートの右側を走行中で、他のどのラップよりも速く走っていなかったことは確かだ。ペナルティは理想的ではないが、幸運にもセーフティカーもあり、何とかリカバリーできた部分もあった。ボッタスをオーバーテークし、その後はリカルドに接近しようとしたが、僕らには彼をオーバーテークできるほど十分なスピードはなかった。彼はレース中のコンディションが驚くほど良く、スピードも速く最適な位置取りをしていたからね。

 今日の結果はもっと悪くなっていた可能性もあったが、もっと良い結果を狙っていたことも確かだ。このレースから学んだ良かった部分だけを切り取って、来週末にはさらに良くなるように努力していくよ。