▼(14).F・アロンソ=リタイア

 全体的にはいい週末だった。予選では良いチームプレーができたし、スタートも良かった。外側のレーンを取ったことは正しい選択だった。1周目終了後には7番手に上がった。最初の3〜4周は楽しかったよ!

 その後は自分のポジションを守ることに終始したが、DRSを使用することなくストレートの中盤で何台ものマシンに抜かれてしまった。ホイール・トゥ・ホイールのバトルがまったくできないんだからこういったレースが容易でないことは確かだ。厳しい午後になったし、僕らはレーストリムではコンペティティブにはなっていない。

 マシンはストレートであまりにも遅く、コース上でバトルをすることは不可能だったので、今日はポイント獲得も不可能だった。結局はエンジントラブルでリタイアする羽目になった。状況はこういった感じで、できる限り早く改善する必要がある。チームがマシンを改善するために昼夜を問わず作業を続けていることは分かっているし、早く結果を見られることを望むよ。
▼(2).S・バンドーン=14位

 今日は僕らにとって難しいレースだった。スタートは良かったが、そこからはすごくフラストレーションの溜まるレースだった。

 僕らのスタートするポジションからではいつだってトリッキーになるのは仕方がない。特にマシンはまずまずいい感じで、ペースも前進していると感じていたのでなおさらだったが、ストレートでは防戦すらできず、やられるがままだった。つまり僕らには誰かをオーバーテークできるチャンスがなく、後方からの攻撃を防ぐことすらできないってことだ。多かれ少なかれ、今日はできる限りのことはした。チェッカーフラッグを受けたことが、恐らく唯一ポジティブな点だ。タフになることはいつだって分かっているし、今日はそれを示した形になった。