▼(44).L・ハミルトン=優勝

 信じられないほどエキサイティングなシーズンになっていることは間違いない。ここ2戦、僕らはチームとして本当に強くなっている。

 シーズン後半戦の内容はここまで素晴らしいよ。今日はマシンが特に最初のスティントでファンタスティックに感じた。後続とは多少余裕があったので、タイヤの寿命を延ばすことがいつもより容易だった。

 バルテッリ(ボッタス)が素晴らしい仕事をしてくれて、ワンツーを達成できた。かなり長い間2連勝を達成できていなかったし、チャンピオンシップでも首位に立てて最高だ。

 でも戦いはこれからも続いていく。フェラーリは今シーズン、特にハイダウンフォースのコースでは本当に速い。僕らの非常に接近した戦いは今後も続いていくので、最終戦のチェッカーフラッグを勝ち取るまでずっと“ビーストモード”で戦っていくよ。
▼(77).V・ボッタス=2位

 4番手スタートで2位フィニッシュ。まずは満足だね。何がハッピーかというと、チームがワンツーフィニッシュできたことだ!

 僕の側から見ると、序盤にひとつポジションを落としたが、総じていいレースだった。すぐに順位を回復できたのは幸運だったし、その後ウイリアムズとフォースインディアをオーバーテイクできた。その後のペースは最高で、本当に楽しめた。今日のマシンはすごく力強かった。表彰台に上がれて最高だ。

 フォーミュラワンでは、モンツァのポディウムが間違いなくベストのひとつだからね。いや、仮にベストじゃなくても、このような最高な雰囲気、そして多くの声援と多くのファン。みんながこれを経験できればいいんだけどね。

 今後を見据えると、僕らにはまだやるべき仕事が山積みで、これからのレースでもフェラーリと接近戦になることは分かっている。