▼(5).S・ベッテル=3位

 今日はメルセデスほど速くはなかったが、スターティングポジションを考えれば、レースでは最高の結果を残せた。理想的ではなかったが、僕らは目標を達成するためにすごくハードワークをしている。次戦のトラックは僕らにとってはOKなはずだ。僕ら自身はもちろん、どこに対して仕事をしていかないといけないか分かっている。

 僕らのすべてのサポーターがいるここに戻ってこれてうれしかったよ。表彰台に立った時はものすごいアドレナリンが出ていた。もちろん勝ちたかったが、僕らが正しい方向に進んでいることに疑いの余地はない。最高の1日ではなかったが、それと同時にすべてのパッションを感じられて、素晴らしかった。

 チャンピオンシップでトップに立つことはタイトルを勝ち取ることほど重要ではないし、最終戦でどのポジションに立てているかが大事なんだ。どこを目指したいか、何を達成したいのかは明白だ。
▼(7).K・ライコネン=5位

 レース全体において、マシンのバランスに苦しめられ続けた。一度も本来の動きを感じられなかった。何周かはいい感じになるが、ほとんどの時間帯で、グリップとペースが不足していた。

 簡単な週末ではなかったし、ドライでも、そしてウエットですら、あらゆる状況で格闘していた。まさにこういった種類のサーキットでは改善していかなければならないことだ。

 結果が望んでいたものとはならなかったのでガッカリだ。このトラックのレイアウトが僕らにとって容易なものでないことは確かだし、それが我々のホームグランプリだってことは残念でならない。次のレースでも同じ展開になったらそれは驚きだ。何せシンガポールでのレースは、机上では僕らに合っていると出ているからね。そこに向かい、ベストを尽くさなければいけない。