▼(3).D・リカルド=4位

 今日の結果にはすごく、すごく満足しているし、レースも最高だった。楽しかったよ。

 今年は僕が好きなふたつのレースで、ともに後方からのスタートとなってしまった。シルバーストンとここのことだね。レースではいくつか良いオーバーテイクができたことに興奮しまくったし、最後まで本当にいいペースだった。

 セブ(ベッテル)が見えて、表彰台への渇望が僕を押し上げてくれたので、最後まで彼を捉えようと必死だったことは確かだ。クルーは最速のピットストップをしてくれて、僕自身も最速ラップをマークできたのですごくクールだね。ほとんど完璧な1日になったと言えそうだ。

 僕らのスタート位置からは多くを期待できなかった。もちろん表彰台までポジションアップしたかったが、それは現実的ではなかったし、来年には実現すると信じている。今日はみんなにとってすごくいい弾みになったし、次のシンガポールを楽しみにしている。
▼(33).M・フェルスタッペン=10位

 スタートは良かったが、すぐにザウバーの2台に挟まれて、その後ブレーキング時にはかなりいいラインを選択できた。ターン2出口でまたポジションアップができて、すべてがいい感じだった。

 3周目にマッサと接触しタイヤがパンクしてしまい、僕のレースは本当に終わってしまった。タイヤ交換のためピットストップをしなければならず、フロントウイングも交換したことで、その時点で2ストップ作戦に切り替えた。ポジションアップに努め、マシンはすごくいい動きだったのでそれについて不満はない。少なくとも完走はできたし、スタートでいろいろあった後で最後には1点を獲得できたのでそれほど悪くはなかったと思う。