▼(14).F・アロンソ=リタイア

 僕のスタートは最高だった。マシンは信じられない発進をして、いくつかポジションを上げて、3番手まで浮上したが、その後は悪いタイミングで悪い場所にいてしまった。イン側で起こっていることに気付いておらず、僕が分かったことは、ターン1で何台かのマシンがクラッシュして僕らにぶつかってきたことだけだ。

 あの状況ではただの一乗客でしかなく、できることは何もなかった。あの接触が、僕らのマシンにとってあまりにも深刻だったことは不運だ。コクピットからでは、どれほどのダメージを負ったの理解できないが、マシンにいい感じはしなかったし、オーバーステアもひどかったので、どんなダメージなんだとチームに尋ねたが、彼らもテレメトリーを失っていたので、まったく確信はなかった。

 最終的には電気系に問題があり、ストップしなければならなかった。レースではこういったことは稀に起こり得るし、不運にも今日僕らにそれが起きてしまったということだ。

 このレースにはものすごく期待していたし、僕らはウエットで非常に力強かったので失望感はより大きい。今夜は残念だったが、実際にはポジティブな楽しい週末だった。チームは素晴らしい仕事をしてくれたし、2週間後のセパンではもっと運に恵まれていることを祈っている。
▼(2).S・バンドーン=7位

 間違いなくいろいろあったレースだったよ! 序盤は雨の中のレースでもちろん簡単でないし、とにかくトラブルに巻き込まれないことに集中し、何とかうまくできた。それ以降は自分のレースに徹することができたと思う。

 7位は今日の僕が得られるベストの結果だと思う。6位もある時点では可能性があったかもしれないが、2回目のピットストップがうまく行かなかった。その後はマシンから自分のすべてを出してパフォーマンスを最大限引き出すことに集中した。何点か取れたおかげでいい気分で週末を終えられるね。