▼(33).M・フェルスタッペン=優勝

 今日はレースで優勝できて信じられない気分だ。

 スタートから僕らのペースは良くて、ルイス(ハミルトン)がトラクションに苦しんでいたことが分かった。彼をパスするため、バッテリーのパワーをすべて使用して全力で行った。彼はチャンピオンシップ争いをしていて、多くのリスクを冒さなことは分かっていたので、僕は全力で奪いに行った。

 ルイスをパスしてからすぐに、そこからは自分でレースをコントロールできると分かった。マシンはすごく良くて、ソフトタイヤでのペースは期待していた以上のものだった。

 体力的にすごく厳しいレースで、コクピット内はすごく暑かった。それに僕自身、今週末はあまり気分が優れなかったので、とにかくゴールすることに努めた。

 残りのシーズンがどのようになるかなんて予想はできないが、僕らはマシンを改善し続けて前向きに捉えている。できればシーズン残りのレースに向けて調子を上げていき、次のシーズンに向けていいスタートダッシュができるようになればいいね。昨日の時点では僕らが今日これほど速くなるなんて期待していなかったし、優勝できるなんてまったくの予想外だったので、すごくうれしいよ。
▼(3).D・リカルド=3位

 今日はレースを楽しんだ。序盤は2位でフィニッシュできればと期待していたが、ピットストップを終えてからセブ(ベッテル)が迫ってきたので、3位を死守することに終始した。

 可能な限り激しく順位を守るつもりだったが、驚いたことに彼からの本気のアタックはたった1回だけだった。恐らく、僕への攻略にタイヤをすべて使い切ってしまい、あのアタック後には何かトラブルがあったんじゃないかな。正直言うともっと戦いたかったかな。最後の数周は独りぼっちだったので、もう少しエキサイティングな戦いでレースを終えたかったね。

 ダブルポディウムは僕らにとってすごくポジティブな結果だ。もちろんマックス(フェルスタッペン)はどでかいことをしでかして、うまくドライブしていたので、彼に優勝おめでとうと言って祝福するよ。彼は今週末ずっと力強い走りをしていた。ここではマシンにいくつか新しいパーツを投入していて、鈴鹿でも同じように使用していくと思う。ハイダウンフォースサーキットは僕らにポジティブな面がありそうだ。