▼(44).L・ハミルトン=2位

 金曜日が終わった時点でマシンの抱えていた問題を考えれば、予想よりもはるかに良い週末になった。いい結果だよ。それでも僕らにはマシンに関してまだやるべき作業が多く残っているし、いくつかのコーナーでは問題が相当悪化していた。これからのレースでは、マシンが抱えている難しい問題を解決するという点が重要になってくるだろう。

 レース序盤では、ディレイトに問題が発生したためバッテリーのパワーに苦しめられた。バルテッリ(ボッタス)はさらにひどく苦しんでいたようだ。僕の方が多少ましだった。

 レースに勝ちたかったのは自然なことで、レースで優勝することが目標でもある。だから2位でさえ満足はできない。今日はワールドチャンピオンシップを勝ち取る上では前進できた。すべてのポイントが重要なんだ。
▼(77).V・ボッタス=5位

 今日は難しかった。自分のできることすべてにトライし、全力を出し尽くしたが、それでもペース不足であちこちで滑りまくっていた。

 スタートは間違いなく今日のベストパートだった。本当に良くて、少しアタックできてポジション争いができた。でもそれは長くは続かず、ペースが落ち始めると、他のマシンに付いていけなかった。

 最初のスティントではアンダーステアがひどく、バランスに苦しめられた。タイヤの温度を管理することに終始するレースになってしまった。激しく行けばタイヤはオーバーヒートしてさらにスライドしてしまうため、すべてをコントロールしなければならなかった。だからあんなに遅かったんだ。今日のレースを分析していく必要がある。アップグレードしたパッケージは、ダウンフォースに関してはかなり前進しているはずだったが、まったく効果が見られなかった。理解に努めることはたくさんあるし、今日から何かを学習する必要がある。

 日本に向けては、マシンに最適なパーツをちゃんと選択しないといけない。もっと涼しい気温になってくれればいいね。