▼(18).L・ストロール=8位

 暑かった。おかげでマレーシアでのレースがどういうものか、みんなが口を揃えて言っていたことがやっと分かったよ。

 最終的な結果にはすごく満足している。13番手スタートから8位でフィニッシュできて、ファンタスティックだね。レースを通じてペースは最高で、レース中ずっといい戦いができ、タイヤを管理して、8位と9位というチームにとって最高の結果を残せた。

 レース後の周回で僕は通常のラインを取っていて、路面のラバーを拾ってしまい、すべてのスイッチを変更してマシンをシャットダウンしようとした。すると僕のそばにセバスチャン(ベッテル)が来て、まるでレースがまだ続いているかのようにアウト側からプッシュしてきたんだ。
▼(19).F・マッサ=9位

 ファンタスティックなスタートで多くのマシンをオーバーテークできたので、オコンにはじき飛ばされたターン2での出来事にはすごく失望している。多くのポジションを失い、マシンのフロアも損傷した。もしこの出来事が起きなければ、もっと上の順位でフィニッシュできたと思う。

 でも全体的にはチームにとってポジティブな結果だ。ルノーとトロロッソがノーポイントだったが僕らはポイントを獲得できたのでコンストラクターズ選手権では助けになるね。