▼(7).K・ライコネン=5位

 今日のスターティングポジションは理想的ではなかった。ソフトタイヤでまずまずのスタートを切り、1周目にいくつかポジションアップを狙っていたが、ルノーをパスしようとしたときにワイドに行ってしまってスペースを失い、それを取り戻さなければならなくなった。

 マシンの感触はレース中ずっと少しトリッキーで、最高のバランスではなかった。何周かはOKなのに別の周ではもっと難しくなってるような感じだ。このトラックでは、他のマシンの後ろにつくことがかなりトリッキーだ。オーバーテークではそれなりにいい仕事ができたが、何せトップはそこから遥か遠かった。

 最終結果がベストとは程遠いことは明らかだ。セバスチャン(ベッテル)については何が起きたのか分からない。チームとして過去数年かけて大きな改善を果たしてきたが、今はどんな理由であれ、技術的な問題が突然発生している感じだ。ちょっと妙だよね。僕らのマシンは完璧に走行しているのに、日曜日に誰も予期していない問題が突然発生するんだから。その面ではやるべき作業があるってことだ。僕らは最終戦の最終ラップまでプッシュし続けていくし、どのような結果で終わるのか見ていくよ。
▼(5).S・ベッテル=リタイア

 今のこの状況が信頼性の問題と大きく関連があるかなんて知らないよ。でもレースを完走できなかった。これは問題だ。

 些細なことが大きな問題に発展したんだと思う。スタート時にすでにパワーがなく、すべてをリセットしてパワーを取り戻すことに努めたが、何もうまく行かなかった。チャンピオンシップがさらに難しくなったことはもちろんで、レースを完走できなきゃ助けにもなりゃしない。

 クルーには家に戻って休養を取ってほしいと言ったんだ。何せ多くの変更作業があったタフな週末だったからね。そして最終4戦をうまく乗り切れれるより良いパッケージで戻ってくる。どうなるか様子見だ。全体的にはチームが良い方向に進んでいると信じている。レース毎に改善しているし、ポジティブな面だってある。でも当然ながら今日はひとつもポジティブなことが見られなかったけどね。