▼(5).S・ベッテル=3位

 レースの大半はすごく孤独だった。最終スティントの最初のパートでは、少し燃料をセーブすることに努めた。すごくエキサイティングというわけではなかったが、時々こういったこともあるんだよ!

 もっと悪い結果になっていたかもしれないし、最終的には十分な強さがなかったってことだ。それでもギブアップすることはフェラーリの精神に反するからね。

 僕らには改善すべきことがたくさんあることは確かだし、スタッフのモチベーションはすごく高い。だから、来シーズンを楽しみにしている。僕らにはチャンスがあり、それを掴み取りはしたが、あちこちでミステイクもした。そういったことがこれ以上起きないことは確かだ。

 ある特定のレースでチャンピオンシップを失ったわけではないと思う。レースであらゆるポイントを獲得していくことが必要で、僕らの場合はそれが十分でなかったということだ。

 来年はプッシュし、チーム全体で一緒になってベストを尽くすことを約束する。それがどんな結果となるか様子を見よう。

 今年はマシンは大きく改善した。初日以来シャシーは本当に力強くなった。エンジンも大きくステップアップを達成したが、ライバルと比べるともっとパワーを見つける必要がある。でも最も重要なことはチームとして目標とする場所に到達するために集中していくことだ。
▼(7).K・ライコネン=4位

 今日はほとんどの時間帯でクルマはすごくいい感じだったが、正直なところ、僕のレースは退屈だった。大半の時間は燃料をセーブする走りをしていた。僕の考えではレースどころではない感じだが、ルールはルールだからね。

 できることは何もなく、ストレートではブレーキングポイントの200メートル手前でリフトし続け、後ろのマシンも同じことをしなければいけなかった。ポテンシャルがあるのにマシンをプッシュできないなんて、苦痛以外の何物でもない。接近しているように見えるが、バトルはないんだ。

 フェルスタッペンを後方に抑えながら、同時にルールによって十分な燃料をセーブしていた。他よりもさらにセーブしないといけないレースもいくつかあって、とてもエキサイティングとは言えないね。

 かなり力強いパッケージがあったので、今年は全体的にもっと良い結果を望んでいた。すべての問題点を修復して最小化していく必要がある。来年は違ったマシンで異なる展開になるし、ゼロからのスタートでもある。すべてのエリアで改善してもっと速く走りたいね。