▼(77).V・ボッタス=2位

 残念だ。今日は表彰台を勝ち得たのではなく、優勝を失ったと感じる。

 レース序盤の走りとアンダーカットがうまくいったので、2位という結果は僕らが狙っていたものではない。チームは本当に素晴らしい仕事をしてくれて、ピットストップは間違いなく完璧で正しいタイミングで入れてくれた。僕らはセーフティカーでこのレースを落としたんだ。

 コースに戻った際、セバスチャン(ベッテル)と僕はすでにピットエントリーを通過していたので、そのことは少し不運だった。僕らの後方のマシンは反応できていたが、僕らには他に選択肢はなかった。彼らはフレッシュタイヤに交換できたが、結果的に僕はミディアムで40周近くも走行する羽目になった。当然ながら終盤はスピードが落ちた。

 レッドブルとフェラーリ、そして僕らはものすごく接近しているので、マシン開発をしっかり続けていく必要がある。先週末と今週末はともにあと少しで優勝できていただけに、最悪の気分だ。でも僕とチーム全体をよりハングリーにさせてくれたとも言える。ありがたいことにまだ多くのレースが残っているからね。
▼(44).L・ハミルトン=4位

 今日もまた難しい1日となってしまった。踏ん張ってはみたが、僕のタイヤは終わっていたので、レッドブル勢を後方に留めておくことは不可能だった。

 土曜日と日曜日は、僕にとってはまるで大惨事のようだった。昨日からペースがなくて、マシンには苦しんだ。パフォーマンス不足となったが、それが僕をガッカリさせることはない。これから先にタフな戦いがあることは分かっているからね。貴重なポイントをこれ以上失ってしまう前に、パフォーマンスレベルを取り戻す必要がある。もっと悪くなっていたかもしれない。

 今日はポイントの面でマックス(フェルスタッペン)に助けられたが、忘れしまいたい週末だったことは確かだ。今は苦戦している原因を把握するためハードワークし、また優勝争いできるように努力していく必要がある。