▼(55).C・サインツ=7位

 僕とチームにとって、すごくポジティブな結果だと思う。僕らにとってここは理想的なトラックではなかったので、今週末達成できたことをすごく誇りに思う。

 金曜日から状況をうまく改善できていて、すごく良いスタートを切って7位でフィニッシュできた。望める限りベストな結果だと思う。母国でまた良い結果を残せて最高の気分だし、ファンがレースを楽しんでくれていたらいいね。

 彼らのサポートすべてにお礼を言うよ!中団争いのなかで前進でき、チームにとっては重要なポイントだ。作業している箇所はあるが、僕らはいい進歩を果たせている。プッシュし続けていくよ。
▼(27).N・ヒュルケンベルグ=リタイア

 ターン1と2はかなり荒れた状態だったが、ターン3はさらにひどかった。僕の目の前で1台のマシンがスピンしているのが見え、煙もすごかった。それはあっという間に起きたため、グロージャンがスピンしながら後退し、僕のマシンに突っ込んでくるのを避けられなかった。

 僕らはコンペティティブだっただけに残念だ。良いペースがあったのに昨日、今日ともにそれを見せられなかったことにフラストレーションを感じる。特に自分のミスじゃない時はそれを受け入れるのが難しい。2週間後にまたトライしていかないとね。