▼(5).S・ベッテル=4位

 僕らのタイヤは他のチームのマシンほど長くもたなかったから、同じような作戦を取ることができなかった。もう一度ピットストップをしなければならず、そこでふたつポジションを失ったことは確かで、ピットストップ自体にも余分な時間が掛かってしまった。でも今日の作戦にステイアウトするオプションにはなかった。

 マシンの正しいバランスを見つけ出すことに問題を抱え、フロントタイヤに苦労した。恐らく今週末に行った変更が悪い影響を及ぼし、それが他のマシンよりもひどかったということだろう。だからモナコでは“ノーマル”のタイヤに戻るのは嬉しい。他よりも多少苦しめられていた感じだったからね。

 今日はただ最適なペースがなく、メルセデスが僕らより速くて、多くのチャンスがなかっただけだ。ベストは尽くしたが、何かを失っていて、それを改善させる必要がある。今週末中はニュータイヤでの正しいバランスを見つけ出すのが難しかった。でも次のレースに向けて楽観的になれない理由なんてないよ。
▼(7).K・ライコネン=リタイア

 今日、僕のレースは順調に進んでいた。いいポジションにつけ、スピードもあった。走行もスムーズで、タイヤもセーブできていた。何もかも順調だったが、不運にもある事が起きてしまった。ある時点でパワーを失い始めた。

 何とかドライブはできていたが、もはやフルスピードでないことは明らかだったので、ガレージに戻ることにした。このトラブルについてこれ以上のことは分からない。マシンをファクトリーに戻して何が起きたのかチェックする必要がある。チャンピオンシップを考えると、この結果は理想とは程遠くすごく失望している。今日はこれ以外にできることは何もなかったが、僕らはトライしてプッシュし続けてなければいけない。