▼(44).L・ハミルトン=(5位)

 今日はタフな1日だったが、完走してポイントを獲得できただけで、すごくうれしい。

 スタートからパワーが低下し、エンジンはオーバーヒートしていた。温度を下げることができなかったので、そのうち壊れてしまうと思っていた。ラップ毎にパワーが落ちて、消えてしまうのを待っていたような状態だった。でも何とか持ち応えた。

 5位は素晴らしい結果とはいえないが、今日はもっとポイントを失っていた可能性もある。

 フェラーリの方た少し良い仕事をして、良いパッケージを持ち込んできたが、それでも僕らはかなり接近していた。チームは本当に一生懸命仕事をしているが、ひとりひとりがもっと良くできるし、改善もできるはずだ。僕らは集中し、プッシュし続けて前向きにいることだ、
▼(77).V・ボッタス=(2位)

 できること全てを出し尽くしたが、今日は優勝争いができるチャンスはなかったと思わない。レースのスタートはエキサイティングで、できる限り必死に2番手を守ろうとした。

 ターン1でアウト側につけて、ターン2でイン側につけるためスピードを維持することに必死だった。そこで、マックス(フェルスタッペン)とホーイル・トゥ・ホイールの状態となり、ハードファイトとなったが、すべてがフェアな戦いで、彼の前を確保できたのは良かった。

 その後はセバスチャン(ベッテル)にプレッシャーを掛けようとしたが、ペースが十分ではなかった。フェラーリはレースをコントロールしていて、今日の僕には単純に速さが足りなかった。レース終盤には、燃料をセーブするためペースを落としたことで、マックスにかなり接近された。

 トップチームの中で、このレースでニューエンジンを投入しなかったのは僕らだけで、他のチームはパワーユニットが改善されていた。フランスで投入されるニューエンジンが、フェラーリとレッドブルとの戦いの助けになってくれればいいね。