▼(33).M・フェルスタッペン=(3位)

 今週末全体、すごくコンペティティブで、レースでは保有していたタイヤを使って、最大限効果的な戦略がとれたと思うし、結果にはすごく満足している。

毎週末、優勝を目指しているが、今回はプラクティスから良く、予選もポジティブで、レースもうまく行った。
僕らにとって理想的ではないが、このトラックで表彰台に上がることができ、レース終盤には2位を目指してチャレンジできたことは、かなりポジティブだと思う。

 マシンに信頼性があれば良い仕事ができる。レース中、ハイパーソフトタイヤでは可能な限りベストな状態でマシンをコントロールできたと思う。こういったレースでは、多くのことを管理しないといけない。最初は燃料、次にタイヤもそうだ。後方からのプレッシャーを受けて、彼らをDRS圏内に入れさせないようにしたいものだ。ただ、ある時点でかなり引き離していることが分かったので、最後にはバルテッリ(ボッタス)にチャレンジできた。

 レースはある意味で少し退屈ではあったが、一方で、仕事を完了させることに全神経を集中させる必要があった。

 今日のセブ(ベッテル)はとても速く、僕らにはトップスピードが不足しているということを感じた。彼らのタイヤは終盤になってもグリップがあった。終盤、僕は燃料をセーブしていたバルテッリにチャレンジすることができ、マシンがうまく機能していたことを示せた。現時点では僕らにはかなり競争力の高いマシンがあるってことは確かだね。

 すべてのトラックで優勝を狙えるとは思わないし、ストレートがどれだけ長いかにもよるけど、今のところは今後のレースを楽しみにしている。
▼(3).D・リカルド=(4位)

 実際すごくいい1日だったし、これ以上できたとは思わない。4位なのは分かっているが、僕はハッピーだよ。

 このトラックで6番手からスタートして、どこまでの結果が得られるか分からなかった。今までのようにオーバーテークが容易ではないトラックだからね

 自分とチームの仕事には本当に満足している。よりアグレッシブな戦略をとるためハイパーソフトを履き、レース序盤にタイヤを最大限活用しないといけないことは分かっていて、僕らはそれができた。

 スタートでキミ(ライコネン)をオーバーテークし、その後はルイス(ハミルトン)をうまくオーバーカットしたので、僕らはできることをすべてやれたと思う。

 僕のガレージは、スムーズな週末とは言えなかった。アップグレードしたエンジンを投入したが、いくつか問題が発生したため調整を試みた。レース中もタイヤとホイールがスリップしてコントロールが容易ではなかったからね。それを考えればできる限りのことはできたと言えると思う。

 良かった点は、マックス(フェルスタッペン)のエンジンがうまく動いていたことで、次のフランスに向けて参考にしたいね。チームとしても、ひさしぶりにかなりポイントを獲得できたので、その点ではいい週末になったし、もちろんマックスにとっても良かった。ルイスから2点を奪取できたこともポジティブだね(笑)。僕らはチャンピオンシップ争いに踏みとどまっている。

 最後に、今日はママの誕生日なんだ。ハッピーバースデー、ママ!