▼(14).F・アロンソ=(リタイア)

 レース序盤、特にリスタート後は、ふたつのコーナーで3台をオーバーテークできたので楽しかった。セルジオ(ペレス)は芝生エリアに出てからコースに戻ってきたので、彼がどのラインを取るのか予測が難しかった。

 レースの折り返し頃になり、パワーロスを感じてリタイアするよう言われた。この結果は悲しいし、フラストレーションが溜まり、失望している。

 今週末は競争力がなかった。マシンにもっとパフォーマンスを見つけ、コンペティティブになる方法を探し出す必要がある。信頼性は当然重要だ。シーズン序盤に僕らがどれだけ多くのポイントを獲得してきたか、そして前戦モナコでも7番手走行中にリタイアを喫し、ここ最近2レースでどれだけ多くのポイントを失ったか。

 マシンには、開発を続けて改善していかねばならない部分がある。これからの数ヶ月でどうなるか様子を見ていこう。明日はルマンにいる必要があるので、今夜フランスに飛ぶ。忙しい月曜日と新しい経験になるが、もちろん楽しみにしているよ。
▼(2).S・バンドーン=(16位)

 今日はスタートからまったく運がなかったと思う。いい蹴り出してスタートはうまくいったが、アクシデントが起きたことで、ターン5までの間に多くのデブリが落ちていて、それを避けるのは不可能だった。

 右フロントがパンクチャーを起こし、本格的にレースをスタートする前からタイヤが機能不全な状態に陥り、難しい1日となった。マシン下部にかなり大きなデブリが挟まっていたので、1周目にピットインしなければならず、ピットストップ作業で多くの時間をロスした。レースに参加する前にすでに終わっていたね。

 個人的には、僕のマシンはここ数レースでかなり進歩し、ポジティブに感じている。残念だったのは、チーム全体の予選のパフォーマンスだ。そのことは事前に分かっていたが、残念ながらそれが現実のものとなってしまった。

 この先もやるべき作業は山積みだ。これからのレースがどのような結果になるか言及は難しい。変な期待は抱きたくないし、昨年を見れば、僕らにとって難しいと思っていたのに結果が得られたレースもいくつかあった。様子を見ていかないとね。

 ポールリカールはみんなにとって新しいトラックだ。その後はオーストリアとシルバーストンと続くので、忙しい週末が待ち構えているが、僕は楽しみにしているし、できればいくつか幸運が訪れてくれればいいね。