▼(33).M・フェルスタッペン=(優勝)

 たくさんのオランダ人ファンが来てくれたこのレッドブル・リンクで優勝できてとてもうれしく思う。まさか勝てるなんて思ってもいなかったし、なおさら嬉しくなったよ。信じられない週末になったよ。もし優勝したいレースを1つ選ぶとしたら、ここで勝つことだね。レッドブルリンクでレッドブルのマシンでなんて本当に最高だ。

 レースに関しては全体的にもマシンの動きにすごく満足できたけど、僕はいつだって可能な限りベストなレースにするように全力を尽くしている。その結果1位か、2位か、または3位になるかもしれない。自分では決められないからね。僕はマシンを制御できている感じだったし、ベストを引き出せて走行でき、最後はタイヤのブリスターがあってフェラーリよりも 少し苦しんだものの何とか前のポジションをキープできた。

 ダニエル(リカルド)とルイス(ハミルトン)がまたピットインしなければならないことは分かっていたし、自分は同じようにはなりたくなかったのから、マシンを限界まで攻めずにすべてをコントロールするようにした。
恐らく見た目よりも厳しい作業だったが、それでもタイヤの変化にしっかり対応していく必要があったんだ。

 VSC(バーチャル・セーフティ・カー)が出たときにこの戦略を立ててくれたエンジニアと、完璧なピットストップを決めてくれたチームにはとても感謝したい。
これが僕らのレースを決定付けたことは間違いない。

 グランドスタンドはたくさんのオレンジのTシャツで埋まっていて最高だった。
コースを走っているときはいつだって集中しているけど、最後の数周は周りを見る余裕があって、彼らが僕にたくさんの声援を送ってくれていた。本当にうれしかったよ。
▼(3).D・リカルド=リタイア

 今日の内容は残念としか言いようがないよ。
ある時点ではワンツーも可能だったけど、ソフトタイヤに履き替えた直後から良い感触はなかったね。キミ(ライコネン)は捉えられたものの、引き離せる感じはしなかったし、その後タイヤがダメになっていくのが分かった。ピットインを強いられ、その時点で表彰台争いから脱落する羽目になった。

 その後はエキゾーストが壊れたみたいでリタイアとなった。最終セクター前のバックストレッチで何かが壊れた感じがしたので状況を伝えてある方法を試し手見たけど、無線でストップするように言われた。

今日はレッドブルにとっては最高の日だね。チーム、ブランド、スタッフ、そしてマックス(フェルスタッペン)と彼を応援するためにここにいるたくさんのファンにとって最良の1日となった。ミスター・マテシッツにさっき会ったけど、彼が今どんな気持ちなのか想像できるよ。
僕の日ではなかったのは言うまでもないが、チームにとって、オーストリア人にとって、そしてマックスにとっては素晴らしい1日になったので、チームの一部が今日をお祝いしていることには僕もハッピーだよ。今日の自分の誕生日をとても祝う気分にはなれないけど、まあ泣きべそを抑えるためにコニャックでも煽るかな!