▼(5).S・ベッテル=(優勝)

 レースというものはチーム一丸となってするものだが、今日ここで勝利することは僕らにとってこれまで以上に重要なことだった。過去数年間すごく厳しい状況にあったからね。

 今年はここまでいつでもすべてのトラックで力強いことを証明できている。最も重要なことはマシンが強く速いことだ。ここで導入した新しいアップデートは週末を通して非常にうまく機能していた。予選では少し遅くなってしまったものの、レースでは素晴らしかった。最初のスティントをソフトタイヤであまりにもプッシュし過ぎたかもしれないが、セカンドスティントではすべてをコントロールできた。

 セーフティカー出てきたことですべてがよりエキサイティングになったが、同時にトリッキーな状況にもなった。それでも私たちのタイヤ戦略は素晴らしく、最後にはチームとして最高の勝利を挙げられた。

 このレースは本当に楽しんでいたし、僕もチームも満足している。それと、スタートは僕らにとってすごく重要で、とてもうまく行ったね。

 今は努力をし続けることが大事だ。この優勝を実現してくれたチーム全体にお礼を言いたい。
▼(7).K・ライコネン=(3位)

 スタートは完ぺきとは言えないものだった。ターン3でイン側のホイールがロックしてグリップを少し失い思っていたほどスピードを落とせなかった。そのためルイス(ハミルトン)のリアホイールと接触し、残念なことに彼はスピンしてしまった。

 僕は10秒のペナルティを受けて、その後のレースは順調なものとは言えなかった。オーバーテークが難しく、何周にも渡ってレッドブル勢と戦う羽目になった。自分のペースで走行している時は速度に問題はなかったが、一度彼らの後ろにつくと彼らの後ろから発せられる乱気流がメルセデスのそれ以上に僕のマシンに影響を及ぼしていたようだ。ダウンフォースを失って、それがマシンのバランスを悪くさせていたんだ。僕らの方がスピードは速かったものの、彼らの後ろにつくことができなかった。

 レースの最初から最後まで何度もかなりの接近戦を演じた。最後は何とか彼らをパスでき、その後メルセデスの1台をオーバーテークした。

 楽な1日ではなかったけど、自分のベストは尽くしたし良く挽回できたと思うよ。