▼(44).L・ハミルトン=(2位)

 難しいレースだったが、すべてを出し切り、2位にまで回復できてうれしい。

 スタートからいろいろなことがあったが、最後の数周ではフレッシュなタイヤを履いていたフェラーリ勢のペース程の速さが僕らにはなかった。

 ターン3でのアクシデントにもマシンは壊れず、その後もレースを続けられたことはすごくうれしかった。あの時点で最後尾まで落ちたものの、それでもまだ勝てると信じていた。フィニッシュできたポジションまで挽回するにはそういったメンタルが必要だったんだ。

 僕の前のマシンがセーフティカーが出てきた時にピットインした時が、僕が3位にポジションアップできるチャンスだった。文句なしに正しい決断だったね。もし彼らにならってピットインしたら、同じタイヤで彼らの後方でコースに戻ることになり、捉えるのに苦労しただろうし、まず間違いなく2位にはなれなかっただろう。

 ファンは今週末最高だったし、彼ら全員のサポートにすごく感謝している。
▼(77).V・ボッタス=(4位)

 とても残念だ。レースをリードしていたのに、その後最後の数周で4位まで落ちてしまい最悪だ。

 他のマシンはセーフティカー時にピットインしたが、僕はリスクを取ってセバスチャン(ベッテル)の前に出るためにステイアウトする選択をした。最初はうまく機能してすべてが順調な感じだった。

リスタートでは持てるすべてを発揮して予選時のようにプッシュしなければならなかったが、残り5周くらいでタイヤはもうこれ以上は限界だった。トップを諦めないためにすべてを尽くしたが、あの時点ではフレッシュなタイヤを履いた他車からポジションを守る術は何もなかった。

 1ストップ作戦が簡単ではないことは分かっていたが、僕らはリスクを取った。不運にも今日はミディアムタイヤでのスティントがあまりにも長くなり過ぎた。後からならそういったことを判断するのはいつだって簡単だが、ステイアウトする決断をした時は僕も同じ考えだった。

 2位になるのは簡単だっただろうが、僕らは勝利をつかみにいった。今後もすべてを尽くしていくし、いつの日かそれが成就すると確信している。