▼(27).N・ヒュルケンベルグ=(6位)

 すごくハッピーでポジティブな1日だった。ここで望める限り最大限の結果だったと思う。

 スタートは良く、堅実に1周目を終えて6番手にポジションアップした。ターン2と3では混乱があったことは言うまでもないが、僕はうまく切り抜けて順位を上げられた。その後はタイヤとレースをコントロールしていった。

 ハードタイヤを選択をしてペースが少し遅くなったかもしれないが、僕らは1ストップで行きたかったんだ。

 すべてにおいて力強いレースとなり、特に最後にレッドブルがスピンしたことでポジションを奪取できた。とても満足だ。チームに8点を持ち帰れていい1日となった。
▼(55).C・サインツ=(リタイア)

 スタートでは最高の発進ができて16番手から9番手と7つも順位を上げられた。

 最初のピットストップでいくつかポジションを失ったが、セーフティカー出動中に再びピットインしてソフトタイヤを装着してからはポイント圏内に復帰できそうな感じだった。

 こんな形でレースを終えることになり残念でならない。ホッケンハイムを楽しみにするとしよう。