▼(44).L・ハミルトン=(優勝)

 こんなレースは今まで一度も経験したことがない。グリッド上にいる時は、前の連中を捕まえにいかなければいけないことは分かっていたし、それが僕の目標だった。

 ファーストスティントはかなり長かったし、タイヤがあれ以上はもたなかったので雨が降り出す前にピットインしなければならなかった。雨がどんどん降ってきて、コースはものすごくトリッキーだったが、ここまで来て諦める訳にはいかなかった。

 特にチームが僕らを信頼して契約延長をしてくれた週末に、メルセデスのためにワンツーフィニッシュを得られたのは素晴らしいことだよ。、今日のようなことができるなんて一度も思ったことはなかったが、僕はただプッシュし続け、信じ続け、そして現実になった。レース前にはいつも通りに祈ったし、そういう祈りが叶ったような感じだね。

 今週末はたくさんのネガティブなことがあったが、雨がすべてのネガティブを洗い去ってくれたような感じだ。夢のような現実だったし、決して忘れられない1日になったよ。
▼(77).V・ボッタス=(2位)

 このレースはすごく勝ちたかったんだけど、今ではこのチームにいられてすごくハッピーだよ。メルセデスの母国ドイツでのホームレースで完璧な結果になった。

 今日は優勝を狙っていて、レース終盤はかなりいい感じに事が進み始めていた。でも残念ながらタイヤの状態に関しては理想的なタイミングではセーフティカーが入ってくれず少しアンラッキーだったよ。僕はそこでレースを落としたんだ。

 ルイス(ハミルトン)は素晴らしいカムバックを見せて、信じられない走りだった。多分彼のベストレースのひとつじゃないかな。最後はセーフティカーのタイミングが僕よりも少し幸運だったね。

 リスタートは絶好のチャンスで、ルイスと僕は最高でフェアなバトルができた。でも彼が先頭を確保したんだ。見ている側からしたらかなりエキサイティングなものだったに違いない。2台の同じマシンがコース上で争っているんだからね。

 インターミディエイトタイヤに交換するためのピットインをしない決断をした。リスキーではあったが、チームには雨がそれほど長くは続かない自信があった。まったくもって正しい判断になったわけで、チームを信頼して良かった。ハードにプッシュし続け、僕の出番が来ると確信している。