▼(5).S・ベッテル=(2位)

 今日は第一スティントは速かったが、終盤はトラフィックで3〜4秒は失ったのでちょっと残念だった。ピットインも理想的とは言えず、そこでタイムをロスした。その後、バルテッリ(ボッタス)に接近してオーバーテークしようとした時はかなりハードな状況だった。最終的には僕のタイヤの方がフレッシュだったので僕の方が速いことが分かった。

 できる限りすべてを出し切り、2位が今日得られる最高の結果だと思う。うまくできた箇所は多くあり、そうじゃない点もあったが、それがレースというものだ。僕ら全員にとってすごくハードな週末だったので、2台揃って表彰台に立てたことはすごく良い結果だと思う。

 マシンが速いことには満足で、今のところすべてのトラックでうまく機能している。これこそが最も重要なことだと思う。僕らのマシンには大きなポテンシャルがある。だからリラックスして休暇を取り、次からのレースに備えるよ。
▼(7).K・ライコネン=(3位)

 スタートはOKだった。トウを得て、どちら側に行くべきか決めていた。でもその後ボッタスが同じ側に動いてきて僕をブロックしようとしたので早目にブレーキを踏まざるを得ずセバスチャン(ベッテル)にポジションを明け渡した。その後はフリーエアを得て自分のスピードを利用していくことがすべてだった。

 他車にプレッシャーをかけていたのでタイヤをセーブできず厳しい時間帯だった。レースはかなり早く進んでいき、2ストップ作戦を取っていたので終始状態の良いタイヤでレース全体にわたりプッシュしていた。ドリンクボトルが利用できなくなったことはもちろん理想的ではなかったが、それほど大きな問題というわけでもなかった。今日の僕らにはスピードがあったが、ここがオーバーテークにはトリッキーなサーキットであることは分かっている。

 レースは前日の予選で既に決まっていたが、最後には2台揃って1ポジションずつ上げることができた。2位と3位は今日望めた最大限の結果じゃないかな。まずまずOKな結果となったが、僕らが望んでいたものではない。シーズン後半戦は挽回してもっと良くなるようにトライしてく。まだまだシーズンが長いことは分かっているし、どんなことだって起こり得て、状況はあっという間に変化もする。僕らはプッシュし続け、小さなことにも改善できるようトライし続けて一貫性を持てるようになっていく。もっと高い表彰台の位置を得られると確信している。