▼(10).P・ガスリー=(6位)

 6位でフィニッシュできて信じられない1日だよ!チームにとっては前日から既にファンタスティックではあったが、今日の方がさらに良かったよ!

 マシンは最高で、作戦も素晴らしく、自分にできることをすべて発揮しなければならなかった。こういったコンディションでは簡単なことではなかったが、最後にはうまくマネージできた。

 かなり難しい結果だったここ数レースを経て、チームにとって最高の結果となった。中団で戦っていると、チャンスが舞い込んでくるレースがあることを認識するようになり、そのチャンスが来た時にちゃんと手に入れられるようにしないといけないんだ。僕らはバーレーンとモナコ、そして今週末にそれができた。

 シーズン前半戦をいい形で終えられて最高だ。良いスタートが切れ、序盤でサインツをパスし、その後は前が空いた状態だったので自分のドライビングに集中した。タイヤも最後までもち、素晴らしいレースで終えられた。

 一番大事なことはミスをしなかったこと。70周を限界点で戦うことはチャレンジングだったが、クリーンなレースでファンタスティックな8ポイントを持ち帰るためにできる限りハードにプッシュして全力を尽くした。
▼(28).B・ハートレイ=(11位)

 力強い予選の後にポイントを獲得できずに残念だ。

 スタートは最高だったが、ガスリーのイン側に飛び込まなかったことでマグヌッセンにポジションを奪われる結果となった。僕のレースは第一スティントで硬めのタイヤを履いていたサインツの後ろに捕まったことで台無しになった。その後はヒュルケンベルグがピットインしたことに対応したがあまりにも早過ぎて、ミディアムを装着したものの自分のベストなパフォーマンスとはならなかった。

 チームが作戦を分けたことには100%理解しているが、今日は僕の方が機能しなかった。ミスもせず、スタートも良かったが、残念ながらポイントが獲得できなくて残念だ。たくさんのポイントを獲得したチームには満足しているし、過去数カ月にわたる全員のハードワークが実を結んだ結果だと思うよ。