▼(33).M・フェルスタッペン=(2位)

 早い段階でセバスチャン(ベッテル)に順位を失い残念だったが、僕らは共にアクセル全開だったのでなす術がなかった。ラインを維持できれば良かったが、ただ彼のスピードに対応できなかった。

 僕が優勝できる唯一のチャンスはスタートだけだった。残念ながらうまくは行かず、チャンスが潰えたことが分かった。幸運にもチームが最高の作戦を立ててくれて、素晴らしいピットストップで僕を2番手に戻してくれた。

 周回遅れによりルイス(ハミルトン)に接近した時でも、追い抜きが可能だとは一度も思わなかった。ここはオーバーテークが難しいのでリスクを犯したくなかった。それに、彼は道を空けてくれない周回遅れのドライバーたちに抑え込まれていたので、それを考えればアンフェアになると思ったんだ。

 セーフティカーの後方に着いた時またドライバビリティの問題が発生し、ピットストップから発進する時は恐ろしかったが、最終的にはうまくコントロールでき、望んでいた結果を得られた。

 今週末のある時点で感じていたマシンの状態を考えれば、予選フロントロウと今日の2位は信じられない結果だよ。
▼(3).D・リカルド=(6位)

 最後になってレースはだいたい僕らの予想通りになったが、何て言うか究極の作戦のようなものを望んでいた。

 ハイパーソフトで長く走るため違ったことにトライし、ペースは良かったが、市街地サーキットでは本当に最高の気分を味わえるのはポールスタートのドライバーだけで、他はオーバーテークだけでなくついていくのさえ厳しいものなんだ。

 ここでは予選はすごく重要で、決勝は前日にほどんど勝負がついている。キミ(ライコネン)に追いつき、何周かは彼に接近できたが、その後は諦めなければならなかった。彼のギアボックスに近付けるペースはあったものの、仕掛けられるほど十分に接近することは一度もできなかった。ミステイクをしてくれるか、キミとバルテッリ(ボッタス)が絡んでそれに乗じてってことを期待するしかなかった。

 最終ラップのターン13では接近できたが、それも十分な距離ではなかった。市街地サーキットは僕のお気に入りのトラックだけど、フラストレーションが溜まることもある。
モナコではルイス(ハミルトン)が7番手を走行中に接近して前についていくことに不満を述べていたけど、今は彼の不満の意味が理解できるよ。

 みんなが同じ状況にあるんだと思う。今日はもっとファイトしたかったが、できなかった。昨夜僕らはあらゆることを把握するため数時間もここで時間を費やした。ロシアではすべてがひとつにまとまってくれればいいね。

 ファイトし続け、もっと良い結果を得ることにトライしていけば、僕らが期待していないサーキットでも優勝できるかもしれない。今は氷風呂に飛び込んでクールダウンするよ。