▼(31).E・オコン=(9位)

 今日の9位はそれほど悪くはないが、もっと上を望んでいたし、ハースの前に行けるペースが間違いなくあったと思う。

 ケビン(マグヌッセン)を攻撃するチャンスを僕らふたりが得られるため(セルジオと)ポジションを入れ替えたのは少し残念だったが、オーバーテークは長くなったDRSゾーンでさえ難しかった。スタートでもケビンと争っていたのでシャルル(ルクレール)に出し抜かれてしまった。

 今日は物事がまったく自分の思う通りに行かない日だったってことだ。レースで起きたことを考えると、2台揃ってポイントを獲得できて良かった。
▼(11).S・ペレス=(10位)

 今日はチームとしてやれることはすべてトライした。常にプッシュし続け、自分たちが獲得できる最大限のポイントを取れなかったことは少し残念だった。

 僕の方がマグヌッセンによりプレッシャーを掛けられると思ったので(エステバンと)ポジションを入れ替えたが、うまくは行かなかった。

 僕らのレースは最もエキサイティングなものとはならず、最後にはお互いについていくだけだった。オーバーテークはすごく難しく、僕らが追い抜くにはDRSが数百メートルも足りていなかったのかもしれない。

 ベストを尽くし、チームとしてはうまく機能したが、結果として今日は9位と10位が精一杯だった。