▼(44).L・ハミルトン=(優勝)

 このトラックをドライブできてすごく楽しかった。この瞬間をただ包含しておきたい。全周、全コーナー、そしてマシンの感触もすべて楽しめた。

 鈴鹿は本当にユニークなトラックだ。ターン1では一気に下っていき、その後アップヒルになり、そしてコースの下をくぐる。僕のお気に入りのサーキットのひとつだ。

 ペースは本当に素晴らしく、今までで最高の週末になったことは間違いない。バランスに関してもベストなフィーリングで、本当に素晴らしい。現場とファクトリーのみんなが絶え間なく続けてくれた努力に大きく感謝したい。週末毎にプッシュしてデリバリーを継続してくれるんだ。この結果は彼ら全員のハードワークの賜物だ。
まだあと100ポイントの獲得が可能なので、集中してトライしていかないといけない。

 自己満足になんて決してならないよ。この数週間チームは信じられない仕事を成し遂げてきた。同じように集中してパフォーマンスを投入しプッシュし続けることが必要だ。

 チーム内の調和と、チーム一人ひとりのパフォーマンスはかつてないほど最高の状態にある。でもまだ改善できる箇所はいつだって存在するし、合わせると僕にだってある。プッシュしてレベルを上げ続けていく。
▼(77).V・ボッタス=(2位)

 チームにとって完璧な結果で、今週末のチーム全体での信じられないパフォーマンスに対して素晴らしいご褒美になった。昨日の予選でフロントローを獲得した後にこういった結果を持ち帰られてうれしい。

 鈴鹿では初めての表彰台だったので最高だ。地元ファンから多くのサポートをもらった。それをすごく感じることができたし、僕にとっては本当にありがたかった。

 ペースは至極順調で、実際にはエンジンをセーブできる余裕も少しあったほどだ。実際よりもテレビでの方がより接近しているように見えたかもしれない。最終シケインで一度ロックアップしてマックス(フェルスタッペン)に少し接近を許したが、それ以外では管理してすべてをコントロールできた。

 ソフトタイヤでの最初のスティントは、ブリスターが発生したミディアムでの第2スティントよりも少しは良かったが、特にドラマはなかった。

 全体的にはチームにとって最高の週末だった。