▼(33).M・フェルスタッペン=(3位)

 ペナルティとセブ(ベッテル)とのアクシデントがあったが、日本でまた表彰台に立ててすごくハッピーだ。マシンの感触は良く、レース全体で上位争いができた。このトラックではなおさらうれしいね。

 ボッタスは何度かミスをしたことで最後の数周はハードにプッシュしていたようだ。どっちにしてもついていくのは難しかったので、自分のベストを尽くし、彼がまたミスをしてくれればそのアドバンテージを突いてポジションを奪えたんだけどね。

 キミ(ライコネン)から防御する時に受けたペナルティはちょっと厳しすぎると感じた。コーナーをショートカットする代わりに可能な限り早くトラックに戻れるよう最善を尽くしていただけなんだ。たぶん次はトラックをショートカットする方法を選ぶよ。

 セバスチャンとの出来事は今年序盤の中国で彼が僕に対してやったミステイクとすごく似ている。もし彼が待てていればもっと早くパスできたと思う。プレッシャーが掛かる中では、最も経験豊かなドライバーですらミスをするってことを表している。

 今はオースティンに行けることにすごく興奮している。僕らにはいいパフォーマンスがあるし、行くべき素晴らしい場所だよ。
▼(3).D・リカルド=(4位)

 集団を抜けて容易にオーバーテークできて驚いた。個人的にもこのトラックはオーバーテークが容易ではないと思っていたからではなく、ソフトタイヤでのダウンフォースをうまく利用できたことに驚かされたんだ。

 今週末はかなりダウンフォースをつけて走ったのでストレートで攻撃されやすいのは分かっていた。だからコーナーでは前のマシンに十分に接近してストレートではトウに離されずに済んだ。

 セットアップは良く、レース序盤はすごく楽しかった。ミディアムを試し、キミをカバーしようとしたから、4位はほとんど確定された結果だった。表彰台に上りたかったが、前方で何かが起きないと望めなかった。でも今日は少なくとも4位を確保できた感じだ。

 コース上で順位を上げられたのは良かったし、グリッド上でヘルムートが4位は楽観視しすぎで今日は届かないだろうと言っていた。だからこのトラックで後方から4位という結果は小さな勝利みたいだ。

 フェラーリに僕らの力強いペースを見せつけられたのは良かった。表彰台だったらもっと心地良かったが、この結果に不満はないし、チームに満足している。最後に言いたいのは、“アリガトオオオオオオ、ジャパン”。