▼(2).S・バンドーン=(11位)

 最後には、特にこういった状況下において今日の結果はそれほど悪いものではなかった。僕らの周辺で起こったあらゆる大虐殺の中でまずまずのスタートが切れた。

 1周目に左、右、そして中央にも接触があったのは理想的ではなかったけどね。2ストップ作戦で行く決断をし、バーチャルセーフティカー時にピットインして13位でフィニッシュした。僕ら周辺の数台は1ストップだった。どちらがベストだったか言及するのは難しいが、僕らは重要な時には速く、数台を攻略できた。結局は、僕らにとって最大限可能な結果になったと思う。
▼(14).F・アロンソ=(リタイア)

 僕のレースはわずか数百メートルで終わってしまった。ターン4では多くのアクションがあり驚いた。高速セクションでオーバーテークするなんて普通じゃないよ。

 3台が互いにオーバーテークを狙い、僕の周りの数人はかなり楽観的で、自分たちのポジショニングで判断ミスをして少し動きを見せた結果、数台がウォールに捕まり、その内の1台は僕だった。

 いつも同じような展開になり、それが何度も起こり続けている。スタートでは誰もが他のマシンにぶつけようとしている。レンタカーを借りたって同じことをしているんだ!故意にやっている人なんて誰もいないが、今日はスパでやったのと同じように、彼らは僕のマシンでまたボーリングをしていたんだ。残念だよ。僕らは早目に現地入りしてこのレースに備えてきたのに、たった数コーナーで終わってしまったよ。