▼(5).S・ベッテル=(2位)

 今日はキミ(ライコネン)と僕が表彰台に立ててうれしいよ。だってここの雰囲気は最高だからね。でも当然ながらドライバーズチャンピオンシップの結果には失望している。

 レース序盤は少しタイヤを労わっていた。その後ルイス(ハミルトン)をパスし、マックス(フェルスタッペン)にプレッシャーをかけようと考えていた。彼らが終盤にかけてタイヤに苦しめられた時のことを考えて何か異なる試みをしようとしたが、彼は追い付くにはあまりにも速かった。彼にはこのレースを、そしてルイスにはチャンピオンシップ獲得にそれぞれ祝福したい。

 僕にとってはすごくハッピーな日ではないが、落ち込むことと立ち直れないことは別物だ。次の2週間で立ち直れることは分かっているし、シーズンをいい形で終えられ、コンストラクターズチャンピオンシップを獲得するために最善を尽くしていく。
▼(7).K・ライコネン=(3位)

 今日はマシンにすごく満足できた。もちろんこの結果が理想的とは言えないが、スタートしたポジションを考えればこれが最大限だった。2台揃って表彰台に上がれ、チームに多くのポイントをもたらせた。

 最初のタイヤセットは少しトリッキーで、2セット目の方が良かったことは確かだが、これは事前に予想していたことだ。最初のスティントでメルセデスをパスしようとしたが、うまく行かず、これによりタイヤを痛めてしまった。その後は2ストップから1ストップに作戦変更し、その時点で長いレースになると覚悟した。このスティントでのタイヤはすごく良かった。最後は左フロントが少しなくなってしまったが、それでもよく機能していた。

 最終2戦でコンストラクターズチャンピオンシップに近付ければいいね。ルイス(ハミルトン)を祝福したい。彼は今年他の誰よりも最高の仕事をした。この勝利に値するよ。