▼(33).M・フェルスタッペン=(2位)

 まず最初にチームにお礼を言いたい。マシンはレース中ずっと素晴らしい感触で、終盤にかけてフロアにダメージを負っても変わらなかった。セットアップ、バランス、作戦と今日はすべてが完璧だった。このトラックでこれほどまで予期せぬ競争力が持てたことはすごくポジティブだし、アブダビを楽しみにさせてくれる。

 2位でレースを終えたが、優勝できたはずだ。僕らのパフォーマンスが予想を超えてすごく良いことを示している。オコンとのアクシデントで優勝を持ち帰れなかったことは本当に残念だ。バックマーカーが周回遅れを挽回しようとするのは当然の行為だが、彼はこともあろうにレースリーダーに対してまったく必要のない大きなリスクを取った。衝突が原因で彼はペナルティを受けたので、それで十分だと思う。

 いろいろ考えてみると、僕は勝ちたい願う情熱的なスポーツマンなんだ。この状況はフレストレーションに感じるし、最高のレベルで戦っている時は感情的にもなる。今はこのレースと残りの週末からポジティブな点を考え、アブダビにこの勢いを継続させていくことが重要だ。
▼(3).D・リカルド=(4位)

 自分のレースとチームのすべての努力には満足だが、表彰台にわずかに届かなかったこは少し残念だ。キミ(ライコネン)を捉えて表彰台が見えたが、残念ながらわずかに足りなかった。作戦はまたハマり、自分たちをまったく責められはしない。

 楽しかったし、いくつかの素晴らしいバトルもできた。特にボッタスをパスした時は最高だった。チームに無線で、抜いてみせると言って実行したんだ。セブ(ベッテル)とのバトルはクールだった。たぶん1〜2回は接触したと思うが、僕はいつも彼自身と彼のレースをリスペクトしている。以前もコース上で何度かバトルがあり、少しヒートアップした時もあったが、僕らはお互いの限界点がどこなのか分かっていると思う。

 ペナルティを受ける時はいつも速いマシンがある時なのでフラストレーションが溜まる。もっと前でスタートできていたら、すごくいいい結果を残せた自信はある。ほろ苦い感じだね。僕らはうまくやったが、もし予選順位通りのポジションからスタートできたらもっとうまくできただろうし、11番手スタートからだと多くは期待できない。

 とにかく、レースに後悔はないし、できることはすべてやり、チームもやってくれたことは分かっているので、結果は結果だ。今日の僕らのペースなら、アブダビではかなり楽観的になれる。僕らにはここよりも強力なトラックになりそうな感じがするので、あそこで偽のシャンパンを飲みたいね。