▼(7).K・ライコネン=(3位)

 いいエキサイティングなレースだった。至る所でいいバトルがあり、マシンはレース全体で良く機能していた。スピードもあり、これといった問題もなかった。

 最初のタイヤセットはスタートが非常に良くすごく満足だったが、その後メルセデスをパスしようとしてタイヤをダメにしてしまった。タイヤ交換をするとマシンは完全に回復した。ピットインしたら彼らをパスできるだろうことは何となく分かっていた。その後もマシンの挙動は依然としてすごく良かったが、そこであまりにも長く時間を掛け過ぎてしまい、その時点で既に手遅れだった。

 作戦面では思っていたことを実行できたことはベストだった。僕らはいつも多くのことを議論しているが、今日は最善を引き出せた。

 最高の結果でないことは言うまでもないが、もっとうまくできたとは思わない。ミスなくハードに戦った。コンストラクターズチャンピオンシップが難しいものになることは分かっていた。ベストを尽くしたが、残念ながら十分ではなかった。今年はベストのチームが勝った。そういうことだ。
▼(5).S・ベッテル=(6位)

 簡単なレースではなく、6位に満足していないことは言うまでもない。ベストを尽くそうとしたが、マシンはドライブが難しく、ストレートですら運転に苦しんだ。それでも、キミ(ライコネン)が表彰台を得たことはハッピーだ。コンストラクターズチャンピオンシップは取れなかったが、僕らにとっていい結果だったからね。

 正直言って、ソフトタイヤでスタートすることにアドバンテージがあったとは思わない。スーパーソフトは予想よりも長持ちしていたんだ。でもこれもレースだ。スタートの前半はうまく行ったが、後半はそれほどではなかった。僕の前にルイス(ハミルトン)がいて行き場がなかったんだ。僕らはS字の後半部分でのグリップが十分ではなかったんだと思うし、ルイスとバルテッリ(ボッタス)が協力していて、僕はノーチャンスだった。

 それと、ルイスはバルテッリに外側のラインを与えるためブレーキを少し早く踏んでいた。その後の2周目か3周目にはマックス(フェルスタッペン)が僕らをパスした。彼の方が速かったんだ。

 今年についてあまり言うべきことはない。メルセデスの方が僕らより強力だった。僕らができることは彼らを祝福することだけだ。