▼(28).B・ハートレイ=(12位)

 残念ながら僕のレースは1周目でほとんど終了していた。ターン8でクラッシュが起きた時、僕には行き場がなく、前のマシンを避けるためコースオフするしかなかった。デブリに乗り上げてしまいフロントウイングを破損したので、1周目にピットストップを強いられ、その後のレースをタイヤ1セットと旧スペックのフロントウイングで戦わなければならなかった。

 常時苦しい戦いだった。タイヤはうまく管理できたが、あの1周目のアクシデントがあったので12位は挽回できる最大限の結果だった。シーズン開幕戦からはかなり力強くなって1年を終えられた。ここ数戦は素晴らしいものだったが、今日はプラン通りとは行かなかった。

 シーズンを通じて自分の前進には満足だ。ひとりの人間として、そしてレーシングドライバーとしても強くなって今シーズンを終えられた感じがするよ。
▼(10).P・ガスリー=(リタイア)

 予選、レースとも難しい週末だった。残り数周でマシンから煙が出始める問題が発生した。何が起きたのか正確には分からないが、その時点まではすごくレースを楽しめていた。17番手からスタートし、10番手までポジションアップでき、9位でフィニッシュしたロマン(グロージャン)と争えていた。しかし、残念ながら開幕戦と同じ順位でシーズンを終えることになってしまった。リタイアってことだ。

 今日はトロロッソで最後のレースだったので少し感傷的な気分だった。チームスタッフとホンダと共に素晴らしいシーズンを過ごせ、いい結果で終えたかった。全体的にはポジティブなシーズンだった。トロロッソとの仕事はすごく楽しかったし、一緒に過ごせた素晴らしい週末も忘れない。

 来年からレッドブル・レーシングでの新しいチャプターをスタートさせることにワクワクしているが、彼らのことも忘れない。僕にたくさんのことを与えてくれたし、目的を達成するために素晴らしい情熱を注いでくれる最高の人たちなんだ。そんな彼らと一緒に仕事ができて本当にうれしかった。