▼(26).D・クビアト=(10位)

 今日はエクセレントなレースだったよ!自分の走りには満足だし、すごく楽しめた。レースではポジティブなことがたくさんあった。昨日の予選が残念でならないよ!もっと前方からスタートできれば良かったんだけどね。

 レース中のタイヤマネージメントがうまく行き、もっと上位を争えるペースがあったことは間違いないが、みんな知っての通りアルバートパークはオーバーテークが難しい。ストロールを捕まえようとしたが、ちょっとギリギリな状態で追い抜けなかった。レース終盤にはピエール(ガスリー)といいバトルができ、彼ともちゃんと戦えたような感じがした。

 最終的には、ほとんどレース全体を通じて速いマシンを後方に抑え込めたんだから満足だね。マシンとエンジンに良いパッケージがあることが分かったので、開発の手を緩めずに続けていく必要がある。次の数戦はすごく楽観的で、いい結果を成し遂げる可能性があると思うよ。

▼(23).A・アルボン=(14位)

 今日は複雑な気分だね!レースウィークエンドは初体験で、何を期待してよいやら本当に分からなかった。

 レースではうまくスタートでき、クラッチを離して、「いいぞ、これでOKだ」って思ったんだ。すぐにポジションを2つ上げ、その時点で既にポイント圏内まであとひとつという位置につけられていた。それが今日のハイライトだったかな。

 ジョビナッツィとのバトルでは、彼はタイヤに苦しんでいたと思う。あの作戦を取ったドライバーはみんな苦戦していたね。硬めのコンパウンドを履いてステイアウトしていた後続の連中はみんな僕らをオーバーカットしていった。そのためレースで妥協を強いられたが、それでも週末の内容には満足している。

 ポイント獲得は可能だったと思うと少し悔しいけど、相対的に言えばクリーンな週末で終えられていい経験になったよ!