▼(44).L・ハミルトン=(優勝)

 今日はすごくトリッキーで、すべてを出し尽くさなければならなかった。この週末はずっとフェラーリが素晴らしいパフォーマンスを見せていたので、1−2を取れたのはものすごくラッキーだった。結局のところ、速いマシンがあれば本物の戦いをして、何台かをパスしたいものだ。だからちょっと妙な感じはするし、こういったシナリオでは自分の運を信じられなくなるね。僕も似たような状況を経験しているからどんな気持ちなのか分かるけど、シャルル(ルクレール)は週末を通じて素晴らしい仕事をした。彼には美しく明るい未来が待っているよ。

 まだ2レースしか終わっていない。ひとつは僕らが速く圧倒したもので、もうひとつはフェラーリが上手だった。次のレースがどのような展開になるのか言及するのは難しいが、タフな戦いになり、2チームの間で行ったり来たりを繰り返すことになると予想している。今週末うまく行かなかった箇所と、マシンを改善できる箇所を調べてハードワークを続けていく必要がある。

 でも今日また見られたように、信頼性は重要な役目を担っているので、あらゆる箇所で作業を続けていかなければいけない。今日獲得したポイントを携えて中国に向かうよ。

▼(77).V・ボッタス=(2位)

 簡単なレースではなく、マシンはドライブするのがすごく難しかった。今日は風の影響でコンディションもすごくトリッキーで、マシンの動きは予測不可能な状態だった。

 スタートは良く、2番手を確保できたが、次の周のターン1進入で風に煽られたためまた順位を落とし、結局はルイス(ハミルトン)とのバトル後に4番手までポジションダウンすることになった。その後は自分の視界に誰も現れることもなく、どちらかと言えばかなり孤独なレースとなった。でも外野からするとたくさんの予期しない場面もあってすごくエキサイトしたレースだったと思う。

 フェラーリはこの週末同様にレースでもすごく手強かった。でも今日に関しては運は僕らの側にあった。昨年にあらゆる不運を経験した僕からすると歓迎できる変化ではあるけどね。

 一方で、我々のマシンの信頼性はすごく高く、そのおかげで今日のレースに勝てた。シャルル(ルクレール)にはタフなレースとなったが、彼は今週末素晴らしい仕事をしたし、彼の時代が来ると確信している。大量ポイントを持ってバーレーンを後にするけど、中国に向けてやるべき仕事も山積みだよ。