▼(5).S・ベッテル=(5位)

 望んでいたレースとはならなかった。1番手と2番手からスタートし、結果はそうはならなかった。残念な夜になったよ。僕のスタートは良かったが、既に1周目の半分ほどでマシンのドライブが非常に難しくなっていることが分かった。シャルル(ルクレール)はそれほど苦戦してなかったようで、僕を難なく追い抜いて行った。

 コース上はタフな状況だったね。その後ピットストップでポジションをふたつ落としてコースに復帰した。ミディアムタイヤを装着した2回目のスティントは多少は良くなっていたかもしれないが、全体的には今日は本来のペースがなかった。ルイス(ハミルトン)とのバトル時に、このトラックで最もトリッキーなコーナーのひとつでもあるターン4でミスをした。マシンが突然ロスしてスピンとなった。そのためタイヤへのダメージが酷く、振動も激しくなり、それがフロントウイング破損に繋がった。

 今日はシャルルのレースだった。大変な不運だ。彼とチームに同情するよ。

▼(16).C・ルクレール=(3位)

 これもモータースポーツの一部だってことは分かっている。勝てない日もあるし、今日はそういう日だった。

 レース終盤にパワーユニットに問題が発生し、スローダウンを余儀なくされた。レースは僕のコントロール下にあるようだったので残念だ。チームも失望しているし、僕も落ち込んでいるが、今週末には前向きなこともたくさんあった。

 チームは素晴らしいマシンを用意してくれた。みんなにすごく感謝している。マシンはドライブが容易で非常に良かった。こういったことはモータースポーツでは起こり得る。

 とにかく、僕らは全力を出し切った。望んでいたほど楽しめなかったものの、初めて表彰台にも上れた。これが人生だし、事は起きる。僕らはもっと強くなって戻ってくるよ。