▼(33).M・フェルスタッペン=(4位)

 今日は僕らができる最大限の結果で、またいいポイントを獲得できたと思う。特に強風の中でペースとリアのグリップに苦しんだことを考えれば、4位フィニッシュはそれほど悪くはない。至る所で滑りまくっていたので簡単ではなく、何とかコントロールしなければならなかった。何か大きな違いを見せられたとは思わないね。マシンの限界までドライブし、オーストラリアでは良かったが、ここではすごく難しかった。

 今日は表彰台目前だったが、本来のペースもなく、それに値する走りもできていなかったので運任せだった。それはともかく、シャルル(ルクレール)の方がもっと不運だったけど、少なくとも彼は表彰台には上れたし、僕は4位でもそれほどガッカリはしていない。

 マシンについて学習すべき点がまだたくさんあるので、ファクトリーに戻って、ここで起きたことを理解し、中国では差を縮められるようにトライしていく。僕らの週末ではなかっただけだよ。

▼(10).P・ガスリー=(8位)

 難しいレースだった。僕はまだ完全にマシンを満足とは思えていない。プッシュしようとすると途端にリアとトラクションにすごく苦しめられるんだ。もちろん、マシンから最大限を引き出すために自分自身をどのように改善できるのか確認し、自分にもっと自信を持てるようエンジニアと一緒に作業をしていく必要がある。現時点では本当にプッシュできていない感じがしているんだ。どのマシンも違うから、努力をして自分に適応させていかないといけないし、僕のドライビングスタイルにフィットできるセットアップを見つけ出すためにチームと共に作業をしていく。

 全体的には今日はいくつかポジティブなこともあったと思う。スタート後のマシンはいい感じだったし、何とかポイント圏内でフィニッシュできた。これから改善できる箇所を見つけていかないとね。中国でもっと力強くなるためにやるべき作業を行い、あらゆることにトライしていく。