▼(55).C・サインツ=(リタイア)

 今日の結末にはすごくガッカリしている。最高のスタートが切れ、イニシャルラップではすごくペースもあり、トップ5のマシンについて行ったんだ。レッドブルに仕掛け、外側から行ったものの、そこで接触した。

 パンクチャーという最悪の結果となり、マシンはまた別の理由でリタイアする羽目になった。当然ながらすごく落ち込んでいる。ポイント獲得も狙えそうだったが、いい形では終えられなかった。

 ポジティブな側面としては、マシンの感触はまずまずで、ランド(ノリス)がチームにポイントをもたらしてくれたから祝福したい。中国では巻き返すよ。

▼(4).L・ノリス=(6位)

 本当にハッピーで、初めてのポイント獲得に満足している。マクラーレンにとっても冬の間に行ったすべてのハードワークの賜物だ。いいスタートが切れた。加速も良く発進できたが、少しホイールスピンもあった。ターン1進入ではブロックされ、外側に別のマシンがいて接触した。コースオフしグラベルに押し出されて数ポジションを失った。その後のペースはすごく力強かった。あっという間に追いつけるほどだったよ。

 DRSの列には少し苦戦したけど、誰かがDRSを失うとすぐに前を捉えられた。最終スティントでは少し苦しんだかもしれないが、キミ(ライコネン)の前を維持できた。僕的には6位は本当にうまく行ったよ。