▼(5).S・ベッテル=(3位)

 表彰台を確保できたことはうれしいが、今日の僕らはあまりにも遅過ぎたので全体的には満足できないね。もっと遥かに良い順位でメルセデスに対抗できることを望んでいたが、僕らにはそれができなかった。それと、3位と4位を確保できなかったことも残念だ。

 今日のピットウォールからの指示に関しては、プライオリティは常にチーム内にあり、シャルル(ルクレール)と僕はチームのためにドライブしていることは承知している。僕らは僕らのレースをすることも可能だが、まずはフェラーリがライバルたちと戦えるポジションにつけられるようにすることを考えないといけない。

 僕らにはいいマシンがあり、まだ完全にそのポテンシャルを発揮できていないと思う。僕らはたくさんのことを学んでいて、より良いフィーリングを得るためにも多くの周回を重ねることが重要だ。現時点で何が不足しているのか今まで以上によりクリアなイメージが見えてきている。この先数カ月で正しい道に進めるようになるためにも、今後数週間が重要になってくると思う。


▼(16).C・ルクレール=(5位)

 今日のレースは僕にとって一番楽なレースとはいかなかった。競争相手とトップ争いをできるペースが十分ではなかったからね。

 スタートは良かった。その後はセブ(ベッテル)と僕自身の両者ともタイヤに苦しんだ。ポジションを交換し、彼が引き離していくんだろうと思ったが、そうとはならず、僕のタイヤの助けにもならなかった。

 少しオーバーヒートを起こしていて、タイムもロスした。2セット目のタイヤで最後まで走り切りたかったが、残念ながら再度ピットストップを強いられてポジションを失った。どうすれば良かったのか理解するためにもみんなで話し合って、次のレースではもっと力強い姿で戻ってこれると確信している。