▼(23).A・アルボン=(10位)

 まず最初に、前日にハードワークを続けてくれたチームに大きくお礼を言いたい。FP3後は目の前が真っ暗になったが、昨夜クルーがシャシーを変更するために一生懸命作業をしてくれた。だから彼らにいいレースを届けようと思ったし、その努力が報われる1ポイントを持ち帰れてハッピーだよ。

 僕らには週末を通じてペースがあり、Q3に進出する走りができる自信があった。修理のためそのチャンスが得られなかったのは残念だったけどね。難しいレースだった。当初は2ストップ作戦を予定していたが、デグラデーションがほとんどの人が予想していた以上に激しかった。FP2で僕らのタイヤの状態は良かったので、ハードコンパウンドを装着して1ストップで行くことにしたんだ。

 終盤にグロージャンが僕にほとんど追い付いてきた時は少しナーバスになったけど、それをはねのけられたので本当にうれしいよ。

▼(26).D・クビアト=(リタイア)

 今日は不運なレースだった。1周目でレースはほぼ終了していた。ダメージを受けたマシンでのペースは非常に力強かったので、それを良い結果に反映できなかったのは残念だ。

 今日はポイント圏内でフィニッシュできるポテンシャルがあった。2台のマクラーレンとの1周目の出来事を見たが、このペナルティには賛同しかねる。典型的な1周目のサンドウィッチ状態で、僕らはすごく接近していたのでこういったことは起こり得ると思う。