▼(33).M・フェルスタッペン=(3位)

 自分のすべてを最大限引き出そうと努め、今日の結果には満足している。また3位という結果は、現時点での自分たちのペースをそのまま反映しているし、よりポイントを獲得できてうれしいよ。

 レースではフェラーリと戦えるチャンスがあることは分かっていたし、実際そうなった。スタートでは1コーナー進入で3台が突っ込んで行ったので、僕は引き下がることにしたが、実際にはターン2とターン3出口でいいラインを取れる結果となった。あのコーナーで3番手を確保できたことはすごく重要だった。そこからは自分のペースと作戦を実行でき、うまく機能したね。

 メルセデスのマシンには手が届かなかったが、僕らはすごく安定していて、表彰台に上れてもちろんハッピーだよ。みんながギャップを縮めるためにモチベーションを高く保っていて、来週のテストではいくつかのことを試す予定だ。それがより良い方向性を僕らに与えてくれると期待している。

▼(10).P・ガスリー=(6位)

 最初のスティントはまずまずだったが、終盤にかけてグリップとデグラデーションに苦しみ始めた。フロントウイングにたくさんのラバーのカスがついていて、それによりそこら中で滑りまくってしまい、第2スティント以降のペースが落ちてしまった。

 できる限りプッシュしようとしたが、前方のフェラーリについて行けなかった。セーフティカーのリスタート時にはシャルル(ルクレール)に仕掛けようとしたが、うまく行かなかった。すごくいい戦いだったし、スタートではターン3で実際に接触したと思う。

 最後にはポイントを獲得できて良かった。火曜日にテストがあるので、もう少しいろんなことを試し、プッシュし続けていきたい。今後は僕らのマシンにもっと合ったトラックが控えているのでポテンシャルがあると思う。楽しみにしている。