▼(5).S・ベッテル=(4位)

 たぶんこれが今日僕らができた最大限の結果かな。もっと速く走れると期待していたので、残念なレースになったことは言うまでもないけどね。

 スタート後は前にいるマシンを追っていたが、タイヤにフラットスポットができてしまい、自分のレースを妥協せざるを得なかった。最初のコーナーでレースが決まるわけでないことは分かっているが、少なくともメルセデスを混乱させてみんなともう少しバトルができればと思っていたんだ。

 シャルル(ルクレール)と僕は可能な限り多くの面でお互いに邪魔をしないように協力しようとしたんだ。シーズンはまだ序盤だし、レース毎にどうするか考えてはいる。でもチーム全体が全力で仕事をしているので、あとは今の場所からカムバックしていくだけだと思う。

▼(16).C・ルクレール=(5位)

 チャレンジングなレースだった。最初のスティントは僕の方ではかなりポジティブだったが、その後はより難しくなっていった。

 ハードコンパウンドでレースの最後まで行きたかったが、セーフティカーが入ってきた時、リスタートで苦戦しそうだと悟ったので、ミディアムに履き替えるためピットインした。2回目と3回目のスティントではバランスに苦しめられ、マシンへの自信を少し失っていた。

 この先やるべき作業は山積みで、前との差を縮めるため可能な限りハードにプッシュしていく。今週末に多くのデータを収集できたし、来週の次のテストでそれを継続していくよ。