▼(5).S・ベッテル=(2位)

 最高のレースができたのに、スチュワードの裁定はあまりにも厳しすぎると思う。ターン3でマシンのコントロールを失い、芝生エリアを長く横切らなければならず、ルイス(ハミルトン)の前でターン4に復帰した。クラッシュをせずにコース上にマシンを留まらせるのに必死だったので、彼がどこにいたのか見えなかったし、わざと彼に幅寄せなんてしていない。

 今週末の内容を考えると、ライバルのレースペースがかなり強力だったものの、それでも僕らが優勝に相応しかったと思うし、今日このサーキットに応援に来てくれた多くの観客も僕に賛同してくれている印象だ。

 カナダでレースをするのはいつだってうれしいし、みんなから多くのサポートを受けている感じがするんだ。今シーズン初優勝という結果をすべての僕らのファンに届けられれば素晴らしかったんだけどね。

▼(16).C・ルクレール=(3位)

 僕にとっては孤独なレースだったものの、今日は自分のレースにはすごく満足している。これ以上良い結果は得られなかったと思うし、僕らのパフォーマンスは最初から最終ラップまで強力だった。同時に、チームにとってはシーズン初優勝を失うことになり残念だ。

 今はフランスでの次戦を楽しみにしている。ここモントリオールのサーキットが僕らのマシンにすごく合っていたため、次戦での自分たちの立ち位置を言及するのは難しいが、力強い結果を勝ち取るために改善して戦い続け、可能な限りハードに仕事をしていくよ。