▼(33).M・フェルスタッペン=(優勝)

 素晴らしいレースで、僕らの母国グランプリでチームに2度目の勝利を持ち帰れてすごくハッピーだ。

 スタートは残念だった。アンチストールを作動させてしまい、7番手に順位を落としてしまったんだ。そこからのペースはすごく良く、落ち着いてハードにプッシュし続けた。

 2回目のスティントではマシンの調子がすごく良かったのが決定的だった。バルテリ(ボッタス)をパスしてからは、ペースがかなり強力だったので優勝を狙えるかもしれないと思ったが、どうなるかなんて分からない。

 僕はプッシュし続けて、アクセル全開で諦めなかったんだ。残り数周でシャルル(ルクレール)をパスできた時はめちゃくちゃうれしかった。あの時の動きはレースの接近戦だったし、もしああいった動きができないのなら、家にいたほうがましだと思う。

 アストンマーティン・レッドブル・レーシングのみんなに大きくお礼を言いたい。週末に渡ってみんなすごくいい仕事をしてくれたし、アップデートもちゃんと機能していたようだしね。現場のクルーとファクトリーのみんな、そしてもちろんホンダにも感謝したい。過去数年は彼らにとって簡単ではなかったが、今日みんなのために勝利ができてただただ最高だよ。

▼(11).P・ガスリー=(7位)

 タフで難しいレースだった。最初のスティントではソフトタイヤでのペースが最高とは言えず、その後は前方のマシンの後ろに捕まってしまった。2回目のスティントでは序盤に激しくプッシュし過ぎて、たった数周でハードタイヤを痛めてしまい大きなブリスターが発生する羽目になったので、そこからはスピードが落ち、ランド(ノリス)を捕まえるペースがなかった。

 全体的にはマックス(フェルスタッペン)の新しいアップデートが機能しているのが分かり良かった。彼はファンタスティックな仕事をしたので、これはポジティブなことだし、今はシルバーストンを楽しみにしている。

 自分については、パフォーマンスに全然満足できないし、もっと遥かにうまくレースをマネージできたはずだ。自分はすごく競争力のあるのドライバーだし、やるべき作業がある。このマシンから何が必要なのか正確にはまだ見出せていないので、プッシュし続けていく。

 マシンがちゃんと機能しているのが分かって良かったし、今後のレースに向けて僕らは正しい方向性を持っていると思う。隣にいるマックスから学び取ることは多くある。もっと結果を残したいし、僕ならできることは分かっているので、今はやるべき仕事をしていく。