▼(4).L・ノリス=(6位)

 楽しいレースだった!いいスタートが切れ、うまく前進でき、1周かそこからに渡りメルセデスとフェラーリとバトルができたが、こういったポジションは諦めて自分のレースを考える必要があった。

 1周目のターン4アウト側でアルファロメオにパスされた。抵抗できる術はほんとどなく4番手に落ち、その後5番手となり、そしてしばらくの間マックス(フェルスタッペン)が後方についていた。

 最初の数周はタイヤをセーブしてコントロールをし、その後必要な時にプッシュして、差を広げ、ピットインして、そこからペースを管理できた。ミディアムを履いていたので、自分たちに何ができるのか、スティントの終わりまでタイヤがもつのか定かではなかった。

 ガスリーが残り数周で僕にプッシュしてきたが、タイヤをセーブしてリスクを避けるという自分のやるべき仕事に終始した。本当にプッシュが必要ならば、タイヤのグリップはまだかなり残っていた。

 サーキットの現場とファクトリーにいるマクラーレンのチームに大きく感謝したい。今は僕の母国レースが楽しみだ。

▼(55).C・サインツ=(8位)

 なんてレースなんだ!スターティンググリッドが19番手というタフな週末からリカバリーできて、ものすごくハッピーだよ。昨日までは(パワーユニットの)ペナルティのためフラストレーションを感じていたが、今朝になってあらゆるフラストレーションがレースに向けてのモチベーションに変わったんだ。

 今日はすごく力強いレースができたと思う。ミディアムタイヤでの長いスティントがあり、その後は的確なタイミングでピットインしてハードコンパウンドにスイッチできた。そこからはオーバーテークに次ぐオーバーテークとなり、ポイント圏内まで突き進んでいった。

 今日唯一残念だったのはガスリーにアタックをし始めた残り10周でフロントウイングを破損したこと。あのペースのままだったら7番手を取れたと思うが、あらゆるミスを避けるため慎重にマシンをドライブしなければならず、最後には何とかライコネンの前でフィニッシュできた。

 チーム全員にとってもすごくハッピーだよ。最高のレース、最高のカムバック、そしてまたもやダブルポイントフィニッシュができて祝福するよ。