▼(33).M・フェルスタッペン=(2位)

 全力は出せたが、今日はルイス(ハミルトン)の方が明らかに少し速かった。その他のライバルとあんなにも大きな差をつけられたことは良かったし、2位だっていい結果だ。

 ペースに関しては僕らの日にはならなかったが、全体的にはいい週末で、ポールポジションを獲得できたことは大きな一歩になった。もちろん前方からスタートするのであれば優勝したいものだが、同時に現実的にもならないといけないし、最速ラップをマークしての2位フィニッシュは僕らができるベストだった。

 同じタイヤを履いていた時はルイスを後方に留めようとしたが、3番手との差があったため彼には2回目のピットストップをする選択があり、それが機能した。何とかしてタイヤをプッシュしてトップに生き残ろうとしたが、彼が1周につき1〜2秒も接近してきた時、僕には対抗する術がほとんどなかった。フレッシュなタイヤでものすごく速く接近してきて追い抜いていったことに驚きはなかった。

 僕らはその後最速ラップを獲得すべくピットインして、エクストラポイントを得られた。それができてもちろんハッピーだよ。後悔はないし、できることはすべてトライした。僕らにとっていい週末だったし、常に前に接近できているので、いいフィーリングを持ってサマーブレイクに入るよ。

▼(10).P・ガスリー=(6位)

 最初から難しいレースだった。スタートが悪かったため展開が厳しいものとなり、その後は出来る限りアタックしようとしたが、グリップに苦しみそこら中でスライドしまくった。

 ターン1では少しサンドウィッチ状態になり、その後のターン2ではキミ(ライコネン)とかなり接近した。スタートでは多くのタイムをロスし、自分のレースの助けにはならなかった。

 今週末はすごくいいスタートが切れ、金曜日は良かった。FP1とFP2には満足できたが、土曜日からはグリップに苦しめられた。6位でレースを終えて何ポイントか獲得できたものの、僕らが望んでいた点数でなかったことは明らかだ。

 みんながサマーブレイクを取ってスイッチをオフにするのはいいことだ。リラックスしてシーズン前半戦を振り返ってみる。どこがうまく行き、何をもっとうまくできたのか見ていくよ。

 そして、後半戦にはよりシャープに、力強くなって戻ってくる。もっと多くのポイントを獲得できるようにするよ。