▼(44).L・ハミルトン=(2位)

 モータースポーツに携わる全員にとってすごく難しい週末で、今日はアントワーヌ(ユベール)の思いと共にレースに臨んだ。

 全体的には不安定な週末だったが、堅実な予選ができ、今日はまた堅実なレースができたのですごくハッピーだよ。もちろん決勝日にはいつだって優勝を望むものだが、自分のすべてを引き出しての結果だ。

 フェラーリは非常に強力なパワーだったが、僕らにとっては最終的に接戦で終えられたことに多くのポジティブな点がある。シャルル(ルクレール)は良かったね。彼は週末を通じてファンタスティックな仕事をしていたので祝福するよ。

 これからの4日間でストレートでフェラーリに追いつくためにやるべき作業はたくさんあるが、それを可能にできるものがいるとしたら、それはこのチームだ。来週末のモンツァでもまた接戦のレースができればいいね。

▼(77).V・ボッタス=(3位)

 昨日の悲しい知らせの後だったので誰にとってもタフな週末だった。

 コース上ではできる限りハードにトライしていたが、自分には多くのチャンスが訪れなかった。レースペースはOKな感じだったが、フェラーリは僕らの予想通りストレートで上回っていた。

 タイヤがなくなってきたことで最初のスティント終盤はややペースが落ちていたかもしれないが、第2スティントは力強かった。それでも、レースが終わるまでにアタックできるチャンスすらなかったので、エンジンとギヤボックスをセーブすることにした。

 スパは普段は僕とって難しいトラックだったが、より良い作戦でポジションアップでき、実際には自分にとってここでのベストパフォーマンスになったと思う。

 またフェラーリが速いと予想しているモンツァのことを考えているが、彼らと戦うためにハードにプッシュしていくよ。