▼(44).L・ハミルトン=(優勝)

 この勝利はまるで長く待ち望んでいたような感じで、チーム全体が信じられない仕事をしてくれた。決して諦めず、前進するべくプッシュし、常に革新的であろうとしていた。このチームの一員であることにすごく奮い立させられるし、オープニングスティントでのフェラーリの速さを考えれば、今日のこの結果を得られて最高だよ。

 彼らについて行くことは本当にハードで、特に違うタイヤを履いている時は大変だったが、僕らはプッシュし続け、今日のマシンはすごくいい感じだった。彼らのソフトタイヤは最初のスティント中にグリップが低下してくると思いっていたが、ついて行くのに苦労させられるほど彼らのペースは良かった。つまり彼らの計算が正しかったってことで、恐らくこれは僕らに対してのちょっとした警告だ。

 アタックできる距離内を保ち、彼らのタイヤが落ち込み出してからはギャップが縮まり始めた。シャルル(ルクレール)がピットインし、今度はセブ(ベッテル)を捉えようとし始めた。僕らは違う戦略で長く走れるいい位置につけていて、セーフティカーが出なくとも本当にいいレースができていたはずだ。その後はすべてが僕らに味方し、ギャップを築きつつタイヤをセーブできるかが課題となり、どれだけスムーズにフィニッシュできるかも問題だった。

 この先はレースが残り少なくなっていくのは当然だが、その時の1レースに集中し、ライバルたちより1歩ずつちゃんと前進し、躓かないようにやっていきたい。こういったバトルがあれば、全開で立ち向かい、あらゆる手段を考え抜き、どんな小さな事でも改善できるのか問いかけていく。僕らはチャレンジするのが好きだし、次からのレースも本当に楽しみにしている。

▼(77).V・ボッタス=(2位)

 最後にワンツーをしてから随分時間が経っていて、また一緒に表彰台に立ててすごくいい気分だ。チーム全体にとっても非常に勇気付けられ、モチベーションが高まるね。

 ワンツーを達成するのはトリッキーであることは分かっていたが、可能だとも思っていた。だから午前中にチャンスがありそうなあらゆる作戦について話し合い、今日はチームとして本当に素晴らしい仕事ができたと思う。

 昨日あれだけ苦しんだことを考えればすごく良い結果だ。フェラーリは週末の間常に速く、今日も僕らよりスピードはあったので、それでもワンツーを達成できたってことは他のすべての箇所でチームが最高の仕事をした結果だ。

 序盤にサインツの後方にスタックして結構なタイムをロスし、ミディアムタイヤでタイムを出すのにも苦しめられたが、ソフトタイヤを履いた第2スティントでは遥かに良くなった。セーフティカーのリスタート後は少しプレッシャーにさらされたが、すべてをコントロールできていた。

 フェラーリはここ数週間で素晴らしい改善を見せているので、僕らは日本に向けてプッシュし続ける必要があるが、こういったチャレンジを楽しみにしている。